ノリノリで踊る兄さんとわたし

嫌われ松子の一生というドラマが放送されていましたが、欠かさなかった方もいたと思います。
私はというと、TBSは見なかったけれど、中谷美紀さん主役でシネマがクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが複雑な境遇にいながらも、心まで貧しくなりません。
はたからみれば、不幸かもしれないけれど希望を捨てません。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
とても好感を感じました。
自分だって幸せになる権利はあるのに、チャンスがやってくると罪悪感がある。
という、訳の分からない状態に陥っていた当時の私は、見ている間、明るくなりました。
それくらい、明るい映画なので、一押しです。
あと、中谷美紀は、先生役でも、ソープ嬢を演じても、理容師でも、何をしても綺麗でした。

薄暗い祝日の日没は友人と
大物司会者が電撃引退らしく、テレビでふんだんに報道しているが、大変すごいですね。
次の総理がどなたになるかという話よりニュースでも順序が先ですからね。
どのような政治家が代表になっても変化しないと考える人もめちゃめちゃいますし、それよりは有名司会者が芸能界を辞めてというのが影響がでそうなんですかね。

雹が降った祝日の日没に椅子に座る

見入ってしまうくらい素敵な人に出会ったことがありますか?
過去に一度見かけました。
バスの中で同い年くらいの方。
女性の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれくらいケアをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
しかし、本人から醸し出るオーラはたぶんありますよね。
日本には魅力的な方が多くいるんだなーと思いました。

どんよりした大安の明け方はカクテルを
冷え性になってからは、こころもち過酷だけれど、やっぱり寒い時期がフェイバリットだ。
家の外が乾いているからか、引き締まったような匂い、それにストーブの温もり。
寒さの中の陽の光って優雅な気になれるし、一眼を持っていく、夕方の海岸も素敵。
季節感は、性能のいいカメラもいいけれど、トイで思う存分シャッターに収めるのが本当に味のある写真がゲットできる。

喜んで走る彼とオレ

業務で必要性のある竹をたくさん拝領するようになって、助かっているのだが、しかし、竹が場所をとっていて大量に運び出してほしがっている竹の持ち主は、私が仕事で使いたい量以上に大きい竹を取って運ばせようとするので面倒だ。
たくさん持って戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、竹が邪魔でしょうがないらしく、持って行ってくれとしきりに頼みこまれる。
こちらサイドもいるものをいただいているので、強く言われたら断れない。

じめじめした日曜の夕暮れに足を伸ばして
都内でも江戸の頃より華やいでいる下町が、浅草。
最も歴史のある仏様が浅草寺。
まさに最近、参拝に行った。
久しく向かう東京の浅草参り。
改めて、自分自身の目でちゃんと見て分かったことは、日本人じゃない観光客がたくさんいること。
世界各国よりツーリストの集中する浅草だけど、昔よりどのように見ても増えた。
そもそも、世界で一番背の高い電波塔、スカイツリーが建った影響もあることは間違いない。
アジア諸国からは、ビッグバードのハブ化に伴いアクセスが便利になったという事で、そして、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れて来るお客様が多いと思う。
それはさておきこの先も多くの外国人観光客が、やってくるということを想像した。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私は、仲見世通りを心行くまで観光することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん買って、着物や帯も観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、威厳のある本堂が見えてきた。
この屋根の瓦はさびにくい性質を持つチタンを使用して、改修工事を行ったという。
浅草寺の秘仏の観音様に日本の平和を祈り手を合わせた
今年の頑張りが、いつかどこかで実りますように。

ぽかぽかした水曜の夜に熱燗を

ちいさい時から、活字は嫌いじゃありませんでしたが、暇なときに、親が買ってくる本や図書館にある本を読んでいました。
真剣に楽しんで読むようになったのは、高校生のとき。
授業で、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを読んでからです。
内容は、付き合ったいる人を失った主役の、高校のときの回想がスタートです。
恋人と死別してしまう経験なんてその当時もその後も、ないです。
だけど、当時の私に主人公の絶望が乗り移ってきました。
初の気持ちでした。
主人公のさつきと、その時の私の年が近かった事、それもあってだと考えています。
学校帰りに、その文庫本を買ったのが文庫本を買った一番最初です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のお話ですが、ずっと色あせない素敵な作品だと思います。

月が見える大安の早朝は食事を
私は以前から、素肌がそれほど強くないので、気を付けないとかぶれてしまう。
それもあるし、ボディーシャンプーの肌に残る感じが好ましくない。
それだと、冬の時期はもちろん乾燥しまくるので、無添加に近いケア用品を愛用する。
これらの品のガッカリな部分は、料金が非常に高く、なかなか買えないところ。

雨が降る週末の明け方はひっそりと

久しく行ってなかった外での仕事の際、初めて仕事で一緒に過ごしたAさんは、怖そうな先輩だ。
入社時に会話をしてから怖くて、業務以外のお話は全然話す機会がなかった。
その際、なんとなくAさんの半袖になった腕を拝見して驚いた!
大きなパワーストーンブレスが何連もつけられていたから。
ついつい、パワーストーン大好きなんですね!と言ってしまったほど。
するとAさんは得意げで、いきなり笑顔で、種類別の石の名前を話してくれた。

息絶え絶えで踊る家族と草原
チカコの住まいのベランダにて育てられているミニトマトは、かわいそうなトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水を与えなかったり、好奇心でお茶をプレゼントしたり、コンソメスープをあげたり。
泥酔の私たちに、ワインを飲まされた時もあり。
ミニトマトの親である彼女は、次回絶対トマトジュースを与えてみたいらしい。
私たちの中でミニトマトの心は完全に無視。

サイトカテゴリ